毛穴のタバコによる肌の影響 毛穴と小鼻の黒ずみ対策と解消法のケアの洗顔方法

タバコとお肌の関係

タバコがお肌にとって悪いということは、だれでも知っていると思いますが、タバコが体に害があることがわかっていながら、喫煙者の数は減っておらず女性の喫煙率は多くなっていますね。

タバコのお肌に対する影響を上げてみると、大事なビタミンCが、喫煙によって大量に消費されてしまいます。

このビタミンCには抗炎症作用がありますから、お肌のトラブル・毛穴のトラブルに大活躍しますが、喫煙によって大量に消費されてしまうとお肌にまわらず、炎症を抑えられずニキビとしてあらわれたりしますし、使いものにならなくなったボロボロのコラーゲンを、再生新品におきかえる重要な成分のビタミンCが不足するとシワやたるみが現れたり、毛穴がたるんできます。

喫煙によって、抹消血管が収縮するため血液循環が悪くなり、酸素と十分な栄養が行き届かなくなるため、肌が硬直し毛穴も硬くなってしまいキズは治りにくくなり、ニキビの発生が多くなることがあります。

喫煙で体内に大量の活性酸素が発生し、肌の老化を早めることが一番の影響です。
活性酸素は、肌の弾力にとって大事なコラゲンやエラスチンを破壊する酵素を活性化させるため肌の弾力が低下していくとともに、紫外線によっても大量に発生していますから、喫煙をするかたは、ダブルパンチで肌の毛穴に悪影響をあたえています。

これを聞くと、喫煙をやめようと思いますが、なかなか難しいので本数を減らすことから始めましょう。